借金 抜け出す方法

借金返済地獄から抜け出す方法@生活の再スタート

 

・毎月多額の返済をしているのに、金利ばかりで元本が減らない。
・いつ払い終わるのかわからなくて生活がつらい。

 

そんな借金返済地獄に陥っているなら、弁護士か司法書士に相談してみませんか?

 

 

借金返済 抜け出す 

友人知人から「借金のことは弁護士や司法書士の専門家に相談したら?」と言われたことがあるかもしれません。
でも実際は相談しようにも話を聞いてもらうだけでも結構なお金がかかると思うと体が動きません。
30分5000円の相談料がかかったら、何時間も話す気になれるはずないのです。

 

 

だから弁護士や司法書士の専門家を選ぶときは、相談は無料という所が親身になってくれます。
しっかり話を聞いてくれる姿勢が感じられます。

 

話を聞いてもらったうえで、借金の減額が可能なのか任意整理のこと、自己破産のこと、その手続きにかかる費用のことなどしっかり話合いましょう。

 

 

実際に仕事を依頼するかどうかは話を聞いたあとでゆっくり考えればいいです。
たとえ費用がかかったとしても借金が大幅に減額されたり、即日の取立てストップできたら十分にその価値があると思います。

 

借金返済地獄から抜け出すチャンスです!

 

 

借金の取り立て

 

映画やドラマなんかで、借金の取り立ては厳しく恐ろしいもので描かれることがあります。

 

玄関で大声を出して騒いだり、複数でおしかけて騒いだり、ドアや窓に張り紙をしたり、会社に押しかけるなどの嫌がらせ行為です。

 

現実世界で実際にそういう目に合われた方もいますが、これらは完全に違法行為です。
罰則もある完全な違反なのです。

 

貸金業法ではサラ金などの貸金業者に取り立て禁止の行為が決められており、違反をすると2年以下の懲役または300万円以下の罰金が課せられます。

 

借金の取り立てにも厳しいルールがあるのですが、借り主が知らないことが多いようです。

 

午後9時〜翌朝8時までは取り立てが禁止されていますし、借り主の会社に押しかけてしつこく取り立てをする行為ももちろん禁止されています。
ドアや車に何かを貼り付ける嫌がらせも当然ながら違法行為です。

 

連帯保証人でない親や兄弟の借金を肩代わりする必要もありません。
借金を返すための他社からの借金を強要したり、クレジットカードで商品を買わせて換金する行為も見られますが、もちろんこれも違法です。

 

取り立てで困った時は弁護士・国民生活センター・金融庁、財務局・警察などに相談してみましょう。